国際経営論

講義

img004

 

国際経営って何?

本講義「国際経営」の目的は、「脳ミソに汗をかく」こ とです。つまり、一方通行型の講義形式ではなく、対話型・参加型の形式を取って、リサーチ力、分析力、プレゼンテーション力、ディスカッション力、表現 力、文章力、英語力を鍛えることに主眼を置きます。具体的な講義内容としては、「国境を越えてビジネス活動を展開する企業=多国籍企業」を研究対象とし て、国際ビジネスに関する基礎的知識の習得し、それを通して「世界を相手にガッポリ金を儲け、その結果として社会に貢献し多くの人々を幸せにする方法」を学びます。
「世界で実際に成功している企業と経営者」のありかた、思考様式、行動様式を学び、そのエッセンスの体得を狙います。そして、「知識は実践に活かされて 初めて力となる」のですから、その知識をいかに現実の世界で役立たせていくかを考えます。講義を進める上で、以下の3つの経営的思考を取り入れ、受講生の 満足度を高める工夫を凝らしていきます。

熾烈に展開される国際ビジネスの現実を知って驚くとともに、受講生の皆さんにも多くの可能性が開かれていることを理解していただき、実際に近い将来において国際ビジネスに挑戦してもらうことが最終の到達点です。

  1. 費用対効果(Cost Performance)−講義1回あたりの単価は、単純概算では約4000円になりますので、講義の中味がそのコストに見合うだけのものとなるようにします。
  2. 顧客第一主義(Customer First)−講義の顧客は受講生の皆さんですので、学生第一主義をとり、学生の立場に立った講義展開を図ります。
  3. 顧客満足保証(100% Guaranteed Satisfaction)−満足できない商品の返品を受けつるように、満足できない点があれば、いつでもクレームを受け付け、その解決を100%保証します。

 

1部と2部は同じ講義内容です。都合により1部に出席できない場合は2部へ出席しても結構です。その逆も構いません。

評価方法

会社員は、会社への貢献度によって評価されます。同様に、学生は講義への貢献度(=参加度)によって評価されます。貢献度において、一定以上のポイント を獲得した学生は、その時点で「優」が確定し、定期試験が免除になります。貢献度は、プレゼンテーション、ディスカッション、リポートによってポイントが 与えられ、そのポイント数に応じて評価されます。 「Think different, act different, and be different(人と違うように考え、違うように行動し、違う自分になる)」が方針です。これは変人になれということではなく、人と違ってキラッと光 るものをもてということです。「キラッと光る」ことを最も高く評価します。

 履修上の留意点

  1.  講義資料はすべて講義用ウェブサイト(www.SugawaraOnline)にアップロードしますので、事情によって欠席した場合でも、ウェブサイトで の指示に従って学習を進めてください。従って、出席よりも講義への貢献度(=参加度)が大きなウェートを占めます。多少の欠席は、インターネットを活用す ることで補えます。
  2. 「異質性・多様性との出会いが創造につながる」ので、社会人、留学生、女性、奇人・変人、異端児を特に歓迎します。この講義からたくさんの新しい創造が生み出されることを狙います。
  3.  講義の詳細(方針、今年の予定内容、過年度の内容)については、講義用ウェブサイト(www.SugawaraOnline.com)を見て下さい。